免許証だけでお金を借りるなら消費者金融で決まり

とにかく急いで借りたいという人は コチラ をクリック!

 

お金を借りる,免許証

免許証のみで簡単にお金を借りるなら消費者金融で決まりでしょう。免許証を用意して消費者金融で申し込むだけなので簡単です。

 

免許証はあくまでも本人確認書類として必要なだけですから、別に自家用車を持っている必要はありません。

 

店舗窓口に行くのが一般的ではありますが、最近ではスマホでネット申し込みをしてお金を借りるという方法もかなり人気です。

 

ネット申し込みは、公式ウェブサイトにアクセスして申し込みに必要な情報を入力して送信するだけです。もちろんスマホでネット申し込みする場合でも本人確認書類は必要になるのですが、それもスマホで免許証の写真を撮影してアプリで送るだけでお金を借りることができます。

 

その後に審査がありますが、当日中に免許証だけでお金を借りることも可能です。

 

  
免許証だけでお金を借りるなら消費者金融で決まり
土日もOK!免許証のみで即日お金を借りれます
免許のみで簡単に借りれるランキング
バレたくない!免許証さえあれば内緒にお金を借りれます
ホントに免許証のみで大丈夫なの?審査基準にせまる!
免許証のみで50万円以上お金を借りる方法
免許証のみでお金を借りる場合の限度額に迫る

ネット申し込みによる免許証の提出アレコレ解説
免許証のみでも借りれるけど、、、避けられない在籍確認
失敗から学ぶ※免許証のみで審査に落とされました
消費者金融でお金を借りることは内緒にしたい※カードデザインにこだわる!
信販系カードローンは運転免許証だけで利用できるのか?
プロミスでお金を借りるなら免許証のみでOK
免許証のみでお金を借りるならプロミスのweb完結

 

審査に通った後には消費者金融の店舗や無人契約機まで出かけて行ってローンカードを入手しないと実際にお金を借りることはできないのですが、これも実は銀行振り込みという方法も選べるものが出てきています。

 

なので、自分の銀行口座にお金を振り込んでもらうまで、自宅を一歩も出ないで免許証だけでお金を借りることもできるのです。

免許のみで簡単に借りれるランキング

30日間無利息が人気のプロミス

プロミス収入証明不要

 

 プロミスが人気の理由

はじめての借入れから30日間無利息
最短1時間で現金を手にできる圧倒的な融資スピード
平日14時までにWEB契約が完了していれば当日振込も大丈夫!
家族にバレたくない人は要チェックのカードレス対応

 

融資スピード 最短1時間
限度額 1〜800万円
評価

 

プロミス公式サイトはこちら

はじめてでも安心のアコム

はじめてでも安心のアコム

 

 アコムが人気の理由

最短1時間!業界トップクラスの審査スピード
契約した次の日から30日間無利息
楽天の口座があれば24時間対応の振込サービス
PM10時まで最短1時間でキャッシング可能

 

融資スピード 最短1時間
限度額 1〜800万円
評価

 

アコム公式サイトはこちら

ユニークなCMで人気アイフル

アイフル

 

 アイフルが人気の理由

最短30分で審査が完了する圧倒的なスピード感!
はじめてなら最大30日間無利息
カード郵送も時間帯指定ができるから家族にバレにくい

 

融資スピード 最短1時間
限度額 1,000円〜500万円
評価

 

アイフル公式サイトはこちら

安心の三井住友カードローン

三井住友カードローン

 

 三井住友カードローンが人気の理由

銀行カードローンでも審査は最短30分で完了
ローン契約機を活用すれば22時まで即日融資もできる
提携ATM手数料が0円

 

審査スピード 最短30分
限度額 最高800万円
評価

 

三井住友銀行カードローン公式サイトはこちら

土日もOK!免許証のみで即日お金を借りることができます

お金が急に必要になった時、カード会社のキャッシュ機能を使えない時に便利なのが、免許証で即日審査をしてお金を借りる方法です。

 

土日でもスピーディーな審査を行ってくれますし、必要なものも免許証だけですので、とても便利です。

 

お金を借りるのは勇気がいることかもしれませんが、大事なことはきちんと返済の見通しを立てて借りるということです。これさえできればお金を借りることも良いのではないでしょうか。

 

やはり急遽お金が必要になったときに即日審査を行い、免許証だけでお金を借りられるというのは助かるものです。色々な会社でそういったサービスを行っていますので、ランキングなども参考にして選んでみると良いでしょう。

 

いざという時のために、免許証だけでお金を借りることができるというのを知っておくだけでも良いでしょう。もちろん返済に関してもきちんと計画をたてて、納得した上で借りることは大事ですが、困ったときに実際に利用して、救われたという方も多くいます。必要な時にお金がないというのは、とても困ることですし、それによって人生が左右してしまうこともありますからね。

バレたくない!免許証さえあれば内緒にお金を借りれます

お金を借りる,免許証

お金を借りる時に難しい審査や、必要な書類が多数あると面倒になってしまいます。また家族や友人からバレないでお金を借りるにはどのような方法があるのでしょうか。

 

銀行や消費者金融では免許証だけでカードローンやキャッシングでお金を借りることがきる場合があります。これであれば収入の証明書の提示や保証人が必要ありませんし、面倒な審査もありません。

 

免許証だけで審査が通るカードローンやキャッシングでは即日で融資が受けられることがほとんどなので、周囲の人に内緒でお金を借りることも可能です。

 

バレない理由

銀行口座を保有している銀行のカードローンであれば、返済用の口座を新しく作る必要も無いですし、免許証などの身分証だけで審査が簡単になることもあります。

 

またインターネットで申し込みが可能なキャッシングであれば、郵送で自宅にカードを送るといった作業を省略して口座にお金を振り込んでもらうこともできます。これであれば、家族がいる方でもバレずにお金を借りることもできます。

 

知人にお金を借りたりすると後々面倒なことになる場合もあるので、免許証さえ持っていれば簡単に利用できるキャッシングやカードローンを利用すれば、知人や家族にもバレることなく上手にお金を借りることができます。

 

>> ページの先頭へ

 

ホントに免許証のみで大丈夫なの?審査基準にせまる!

お金を借りる手段の一つとして銀行や消費者金融でのカードローンの利用が挙げられます。

 

特に大手の消費者金融等では、免許証があるだけですぐにお金を借りることが可能な会社が存在しますが、これは、審査にスコアリングシステムが導入されたことが影響しているのです。

 

このスコアリングによる審査について詳しく解説します。

 

申請内容によるスコアリング審査

消費者金融等では申込者の申請した免許証などの書類の内容を元に審査を行なっていくわけですが、この時に行なわれるのがスコアリングによる審査です。

 

申請書類には、勤め先、年収、勤続年数等の項目をはじめ、現在の住居に関する項目、他社からの借入に関する項目等といったように様々な項目が存在し、これら全てに点数(スコア)を付けていき、その合計点によって大方の合否が決まるとされています。

 

そして、それぞれの会社で審査基準が違うため、項目毎の点数は異なりますが、職業という点では公務員が最も高い等という傾向はどこも変わりありません。

 

これらの点数を付けるのは人間の手ではなく、コンピュータが行うため、結果が出るのが非常に早くなっており、免許証のみでお金を借りることが可能なのはこの仕組みによるものとも言えそうです。

 

信用情報のチェック

消費者金融等は先ほどのスコアリングによる審査だけで合否を決めているわけではありません。スコアリング審査は仮審査で用いられるもので、本審査では信用情報もチェックして最終的な合否を決めています。

 

信用情報は信用情報機関に登録されていて、消費者金融等ではいつでもこの情報を参照することが可能です。

 

信用情報を参照することで、現在までのカードローンやクレジットカードのキャッシング枠の利用状況、カードローンの申込み情報等が分かるようになっているので、過去に返済を遅らせた経験がある方や、立て続けにカードローンに申し込んでいる方などは合格が難しくなってきます。

 

信用情報に関しては、お金を借りることができるかどうか自分でもチェック出来ますので、気になる方は問い合わせてみるとよいでしょう。

 

免許証のみで50万円以上お金を借りる方法

少額のキャッシングであれば免許証などで本人確認をするだけで、お金を借りることができます。

 

しかし一定の金額以上のお金を借りる場合には、免許証などの身分証明書のほかに収入証明書が必要になることがあります。

 

消費者金融は総量規制の対象

とくに消費者金融などは手軽にお金を借りることができるものの、総量規制の対象となるため、利用者の年収額の1/3を超える貸しつけを行なうことはできません。

 

そのためほとんどの消費者金融では、50万円以上の借り入れには利用者の年収を把握するために、免許証だけではダメで収入証明書が必要になります。

 

銀行カードローンなら大丈夫!

しかし収入証明書がなければどこの金融機関でも50万円以上のお金を借りることができないのかというとそういうわけではなく、総量規制対象外となる銀行カードローンなどは収入証明書を必要とする限度額を銀行ごとに定めているため、50万円以上のお金を借りる場合でも免許証のみで行うことができます。

 

すべての銀行が収入証明書なしで50万円以上のお金を借りることができるわけではありませんが、消費者金融に比べて銀行の方が限度額に幅があることは事実です。

 

ただし、いくら免許証のみとはいえお金を借りる前には審査が行われるため、申し込み時に返済能力があることを示す必要があります。

免許証のみでお金を借りる場合の限度額にせまる!

早くお金を借りる必要がある際に活躍してくれるのが収入証明書なしでお金を貸してくれるカードローンやキャッシングですが、この際にも身分証明書は必須になります。そこでよく使用されるのが免許証なわけですが、免許証だけを使った借り入れの場合には限度額もかなり少ないことになるのが一般的です。

 

ではどうしてこうなってしまうのかというと、これは免許証だけで行える審査の内容が関係しています。免許証だけで審査を受けると言うことは、申し込みをしている人が本人かどうかと、現在の住所などの基本的な個人情報を確認するのが限界です。

 

高限度額で借りるには年収の精査が必要

かつてはこれだけでもある程度のお金を借りることができたのですが、現在の貸金業法では総量規制が存在しています。総量規制とは借り入れの額が年収の1/3未満に制限される制度のことで、これがある以上、高額な借入となると年収を確認しなくてはならないわけです。

 

貸金業者としても50万円以上、ないし他社と合計した借り入れ額が100万円以上となる場合には収入証明書を使って年収の精査が必要になりますから、どれだけ信用が優れているように見えたとしても50万円以上の限度額になる可能性はかなり低いわけです。

 

その分早くお金を借りることができるわけですから無意味ではないのですが、免許証のみで申込むということになると限度額はかなり低いものになるとして覚えておきましょう。

ネット申し込みによる免許証の提出などアレコレ解説

ネット申し込みで契約まで完結できる契約方法が人気となっていますが、通信環境さえあれば、自宅に限らずどこからでもお金を借りることができるので大変便利と評判です。

 

しかも、審査時間などについても、自動契約機で申し込むのとほぼ同じで、早い場合には最短30分、申し込みから契約完了まで1時間前後で振込サービスを依頼すればすぐにお金を借りることができます。

 

ネット申し込みで借りる方法

さて、ネットで申し込みをしてお金を借りる場合、審査時に提出しなければならない必要書類はどのような方法で提出すればよいのでしょうか。

 

以前であれば、FAX送信というのが主流でしたが、最近では、メールに添付して送る、ホームページからアップロードする、スマホのアプリで送るというのが主流となっています。本人確認書類は、運転免許証か健康保険証というのがほとんどです。

 

パソコンやスマートフォンから送る場合の注意点

パソコンやスマートフォンから送る場合の注意点としては、スマートフォンなどで写真を撮る際に表、裏の両面が必要になることがあること、横向きにしてすべてフレームに収める必要がある、などとなります。

 

また、当然ですが、ぼやけていたり、画面に対して小さすぎたり、逆に、フレームからはみ出ていたり、縦に撮影したりした場合には、取り直して再提出しなければならない可能性が大ですのであらかじめ注意が必要です。

 

>> ページの先頭へ

 

免許証のみでも借りれるけど、、、避けられない在籍確認

キャッシングでお金を借りるときに絶対にカード会社が実施するのが勤め先への在籍確認になります。担保を取らないカードローンでは、申し込み者の支払返済能力の有無を審査するには、毎月の一定した収入があるかどうかということがとても大切になってくるからです。

 

身分証明書として免許証を提出しても、免許証が支払い能力を証明するものとはならないために、どうしても在籍確認は基本的に必要となってしまいます。在籍確認のときに知っておくべきことを書いていきます。

 

バレないでお金を借りるための工夫とは?

在籍確認で申し込み者が一番不安に思うことは、自分がお金を借りていることを他人に知られてしまったらどうしようということです。

 

ただ、これについてはそこまで心配する必要はありません。在籍確認のときにオペレーターは必ず個人名でかけてきて会社名を名乗るわけではないからです。銀行系のカードローンでお金を借りる場合は、銀行名を名乗って掛けてくる場合もあります。

 

また、事前に在籍確認の連絡がくる時間を申し込み時に相談しておいて、指定時間に電話を入れてもらうこともできます。そのときに自分がとることができれば問題はありません。

 

スムーズな在籍確認のためにすべき事とは?

在籍確認の目的はあくまで申込者が、申込書に記載した勤め先での勤務実態があるかどうかです。逆に勤務実態が証明できれば、消費者金融としても電話をする必要がないのです。

 

大手のプロミスやモビットではWEB完結型の申し込み方法も可能です。この申込方法を活用すると、勤務先への在籍確認はありません。

 

ただ、この方法で申し込むには、提出書類が普通の申し込みより多くなってしまうことには注意すべきです。通常であれば免許証だけで済みますが、WEB完結型は社会保険証か組合保険証のコピーの提出も必ず必要となります。

 

WEB完結型でお金を借りる方法に興味がある場合は各消費者金融のHPで確認するといいでしょう。

失敗から学ぶ※免許証のみで審査に落とされました

消費者金融はお金を借りる希望額が50万円以上だと免許証の他に収入証明書の提出が必要になってきますが、借入希望額が50万円以下の場合は収入証明書の提出が不要になり免許証のみでお金を借りることができます。

 

しかし免許証を提出する時に失敗してしまうと審査に落とされてしまう可能性もあるので注意点をしっかり確認していきましょう。

 

免許証の住所と現住所が違う場合

消費者金融に申し込む時に身分証として免許証を提出する時は住所、氏名、生年月日など必要項目が分かるようにしなければいけません。

 

最近ではスマホのアプリにアップロード機能が搭載されていて免許証を撮影して送信すれば提出する事ができますが、引越しをして現住所が免許証に記載されている住所と違うと審査で問題が生じてしまいます。

 

場合によっては虚偽の申請をしたと判断されて審査に落とされてしまいお金を借りることが出来なくなってしまう可能性もあります。

 

引越しをして住所が変更した場合は免許証の住所変更の手続きをして提出する時も記載されている裏面も撮影して提出しなければいけません。

 

消費者金融でお金を借りるには総量規制をお忘れなく

消費者金融で50万円以上の多額の借り入れを希望しなければ免許証のみでお金を借りることができますが、総量規制の対象となっているので年収の3分の1以上の借り入れをすることができません。

 

年収が少ないとお金を借りる限度額も当然低くなってしまうので50万円以下の借入希望額でも収入に見合っていない金額だと審査に落とされてしまいます。

 

また他社借入合計100万円以上ある人は返済能力がないと判断されてしまうのでお金を借りることはできず審査に落とされてしまいます。

 

消費者金融は借入希望額が50万円以下の場合は免許証の提出のみでお金を借りることができますが、総量規制に引っかからないように注意しなければいけません。

 

消費者金融でお金を借りることは内緒にしたい※カードデザインにこだわる!

消費者金融は自動契約機の設置台数が多いので、申し込みも免許証を持参していれば手軽にできることはメリットです。

 

それに自動契約機で申し込みをすると契約手続きまで出来るのでその後すぐにキャッシングカードが発行されます。キャッシングカードが発行されたら自動契約機内に併設されているATMでお金を借りることが出来るので誰にも見られる心配がありません。

 

他の人に内緒にしたい時は自動契約機で申し込むのも一つの方法ですが、キャッシングカードを見られてしまってバレてしまう可能性があります。

 

キャッシングカードには業者名が記載されていて特に大手の消費者金融だと有名なので見られただけでお金を借りていることがバレてしまいます。消費者金融でお金を借りる時はカードデザインにもこだわりたいものです。

 

大手の消費者金融でお金を借りるにはアコム、プロミス、モビット、アイフルとありますが、アコムとプロミスは青、モビットは金、アイフルは白となっているのでモビットは少し目立ってしまう可能性があります。

信販系カードローンは運転免許証だけで利用できるのか?

出来るだけ早くお金を借りたいけれど、極力手間を省きたいという人にはどこでお金を借りるのが良いのでしょうか。

 

クレジットカードを取り扱っている信販会社のカードローンがあります。信販系はお金を借りる時に運転免許証だけで借りることが出来るのでしょうか。

 

銀行系は金利が安いメリットがありますが審査が厳しく時間がかかることもあります。一方、消費者金融では審査がスピーディなのですが金利の高さが気になります。

 

信販系は銀行系ほど低い金利の業者もありますが、銀行よりも審査が通過しやすいという特徴があります。即日でお金を借りることも可能な信販系カードローンもありますので、今すぐお金を借りたいけれど出来るだけ低金利が嬉しいという人に向いています。

 

信販系カードローンでお金を借りる時には運転免許証だけで契約できる業者もあります。ただし借入金額が50万円を越える場合には、収入証明書などが必要になってきます。

 

お金を借りる額が低いのなら、運転免許証だけ準備しておけば即日融資してもらえる信販系でお金を借りることは出来ます。

 

信販系の借入限度額は総量規制の対象になりますので、収入証明書を用意していても年収の1/3以上は借りることが出来ません。銀行系だと200万円くらいまでなら収入証明書が不要ですので、まとまったお金を必要としていて運転免許証だけでお金を借りる時には多少時間がかかっても銀行系を選ぶことになります。

プロミスでお金を借りるなら免許証のみでOK

お金を借りる,免許証

お金を借りるためには様々な提出書類が必要となるのが一般的です。しかしながら、消費者金融大手のプロミスであれば、免許証だけで申し込みをしてお金を借りることが可能となっています。

 

プロミスは誰もが知っている消費者金融でもありますし、インターネットのサービスなども充実しているため非常に人気がある金融機関の1つです。審査を受ける際に、いろいろな必要書類を用意しなくて良いのも人気の理由の1つかもしれません。

 

ただし、すでに他の金融機関からお金を借りていたりすると、免許証以外の必要書類を求められることもあるので注意が必要です。

 

お金を借りるときは返済プランも考えておこう!

プロミスに限った話ではありませんが、消費者金融系のカードローンは金利が高めに設定されていますので、あまりお金を借りすぎてしまうと返済が困難になってしまうこともあります。

 

必要最低限の借り入れで留めておくことも大切です。免許証などで簡単にお金を借りる前に返済プランもしっかりと考えておきましょう。

 

カードローン契約と同時にお金持ちになった気分になってしまう人は特に要注意です。

 

>> ページの先頭へ

免許証のみでお金を借りるならプロミスのweb完結

プロミス収入証明不要

 

今は気軽にお金を借りることができるようになっている時代ですが、できることなら対面式などでなく、インターネット上から簡単に操作をすることでスムーズにお金を借りたいと思う人もいることでしょう。そこでおすすめなのが、来店不要のプロミスのインターネット申し込みです。

 

まずホームページから申し込みをする際にはフォームに従って必要な項目を埋めていきます。氏名や住所など基本的な情報のほかにも職場や年収、他からの借り入れや家族構成などの質問項目があります。

 

これらの情報はその人が返済できる人物であるのかということを検討するために用いられます。

 

続いて、お金を借りる際には本人確認書類が必須なのですが、最近では免許証などの本人であることを確認できる書類を写真で撮って、申し込みフォームから添付をして送ることができるようになっているので便利です。

 

申込みが完了すると最速で30分程度で審査が終了して、問題なければ即日融資で借りることも可能となります。

 

このようにプロミスの場合では、一連の流れがweb完結になっているので、わずらわしさもなく、速やかに振り込み融資でお金を借りることができるのがメリットと言えるでしょう。

 

>> プロミスをランキングで比較してみる

 

 

 

消費者金融関連

消費者金融でお金を借りるときに不安なことはこちらを参考にしてみてください!